千葉市中央区弁天の脳神経内科なら、脳神経内科 千葉

当院は電話予約制です

〒260-0045
千葉県千葉市中央区弁天1丁目2−12
弁天町沼澤ビル3F

MENU

医師紹介

所長-篠遠 仁

皆さまに気軽に脳神経内科の診療を受けていただけるよう、千葉駅前でクリニックを開きました。
私たちは、脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気の診療にあたります。頭痛、しびれ、めまい、歩きにくい、物忘れなどといった症状は神経系の障害であることが多く、神経内科でないと診断ができないことがあります。
私たちは日頃から研鑽に努め、丁寧な診察を行い、より良い治療を患者さまに提供できるよう心掛けてまいります。

経歴

昭和54年3月
千葉大学医学部 卒業
昭和55年6月
成田赤十字病院内科 勤務
昭和56年5月
千葉大学医学部神経内科 勤務
昭和59年10月
放射線医学総合研究所臨床研究部 研究員
昭和62年4月
千葉県立鶴舞病院(現:千葉県循環器病センター)神経内科 医長
平成元年3月
博士号取得
平成元年4月
川崎製鉄健康保険組合千葉病院(現:医療法人社団誠馨会 千葉メディカルセンター)神経内科 医長
平成4年10月
ブリティッシュコロンビア大学神経変性疾患センタークリニカルリサーチフェロー
(Neurodegenerative Disorders Center,University of British Columbia,Vancouver,Canada)
平成9年10月
千葉大学大学院医学研究院脳神経内科学 講師
平成11年3月
旭神経内科リハビリテーション病院 副院長
平成21年2月
放射線医学総合研究所上席研究員(兼任)
平成25年1月
脳神経内科千葉 所長

資格等

日本神経学会認定神経内科専門医
日本認知症学会認定認知症専門医
日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本核医学会認定核医学専門医

パーキンソン病およびその関連疾患、認知症、画像診断を得意としています。これらの疾患の病態と画像診断について放射線医学総合研究所と共同研究しています。

■所属学会役員等(役員) 日本認知症学会代議員
■研究会世話人 レビー小体型認知症研究会 世話人
■編集委員 Editorial Board Member of Neurology

業績紹介はこちら

H31,R1年度の業績

原著

  1. 1. Matsuda H, Yokoyama K, Sato N, Ito K, Nemoto K, Oba H, Hanyu H, Kanetaka H, Mizumura S, Kitamura S, Shinotoh H, Shimada H, Suhara T, Terada H, Nakatsuka T, Kawakatsu S, Hayashi H, Asada T, Ono T, Goto T, Shigemori K. Differentiation Between Dementia With Lewy Bodies And Alzheimer’s Disease Using Voxel-Based Morphometry Of Structural MRI: A Multicenter Study. Neuropsychiatr Dis Treat. 2019 Sep 19;15:2715-2722.

Editorial

  1. 1. Han SD, Shinotoh H. The search for meaning in preclinical Alzheimer disease clinical trials. Neurology. 2019 Jul 23;93(4):139-140.

雑記

  1. 篠遠 仁. どうしてここにいるの? 千葉病院院内報. 2019年11月.
  2. 篠遠 仁. 花火大会. 千葉病院院内報. 2019年9月号.

特別講演

  1. 篠遠 仁. タウPETから見える認知症の病態. 第10回関東脳神経外科認知症研究会. -認知症治療の明るい未来-.横浜、2019年10月26日.

座長

  1. 篠遠 仁. 脳機能画像フォーラム in 市川, 市川、2020年2月13日.
  2. 篠遠 仁. 高橋三津夫. パーキンソン病の薬物療法 –MAO-B阻害薬ラサギリンへの期待-. チーム医療で診るパーキンソン病診療 Update. 千葉、2020年2月5日.
  3. 篠遠 仁. メディカルスタッフポスターセッション、MSP-14-1,2,3,4,5,6. 第60回日本神経学会学術大会, 2019年5月25日、大阪.

一般演題

  1. Shimada H, Tagai K, Tokuda T, Tatebe H, Kubota M, Takahata K, Takado Y, Shinotoh H, Yamamoto Y, Sano Y, Seki C, Hirano S, Ono M, Tempest P, Jang M, Sahara N, Kawamura K, Zhang M, Higuchi M. 18F-PM-PBB3 (18F-APN-1607) uptake associates with plasma NfL level and motor disability in patients with progressive supranuclear palsy. Human Amyloid Imaging Condefence, Miami, January 17, 2020.
  2. Seki C, Tagai K, Shimada H, Takahata K, Kubota M, Takado Y, Shinotoh H, Kimura Y, Ichise M, Okada M, Kikuchi T, Zhang MR, Higuchi M. Establishment of a simplified method to quantify [18F]PM-PBB3 ([18F]APN-1607) binding in the brains of living human subjects. Brain & Brain PET 2019, Yokohama, July 6, 2019.
  3. 仲野義和、島田 斉、篠遠 仁、平野成樹、木村泰之、市瀬正則、関 千江、高堂裕平、高畑圭輔、久保田学、互 健二、河村和紀、張 明栄、須原哲也、桑原 聡、樋口真人. PETを用いた大脳皮質基底核症候群の背景病理推定に関する検討. 第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、東京、2019年7月26日.
  4. 島田 斉、互 健二、小野麻衣子、久保田学、高畑圭輔、高堂裕平、篠遠 仁、山本保天、佐野康徳、関 千江、平野成樹、木村泰之、市瀬正則、関 大成、河村和紀、張 明栄、桑原 聡、服部信孝、須原哲也、樋口真人. 18F-PM-PBB3は発症前駆期より4リピートタウオパチーの脳病理を捕捉し得る. 第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、東京、2019年7月26日.
  5. Kubota M, Kimura Y, Ichise M, Seki C, Shimojo M, Shimada H, Shinotoh H, Takahata K, Kitamura S, Moriguchi S, Tagai K, Takado Y, Obata T, Tokunaga M, Maeda J, Zhang M, Suhara T, Higuchi M. Alterations of central metabotropic glutamate receptor 5 binding and glutamate concentrations by food intake. 14th World Congress of Biological Psychiatry. Vancouver, June 5, 2019.
  6. 互 健二、島田 斉、関 千江、小野麻衣子、久保田学、高畑圭輔、高堂裕平、佐野康徳、山本保天、篠遠 仁、北村聡一郎、仲野義和、木村泰之、市瀬正則、繁田雅弘、樋口真人、須原哲也. 放射線リガンド[18F]PM-PBB3の脳内タウイメージング製剤としての臨床的有用性に関する研究. 第58回千葉核医学研究会, 令和1年6月1日, 千葉.

外部活動

Editorial board of Neurology 22編のNeurologyへの論文を査読した。
(株)MCBI 外部評価委員

H30年度の業績

原著

  1. Endo H, Shimada H, Sahara N, Ono M, Koga S, Kitamura S, Niwa F, Hirano S, Kimura Y, Ichise M, Shinotoh H, Zhang MR, Kuwabara S, Dickson DW, Toda T, Suhara T, Higuchi M. In vivo binding of a tau imaging probe, [11C]PBB3, in patients with progressive supranuclear palsy.  Mov Disord. 2019 May;34(5):744-754. doi: 10.1002/mds.27643.
  2. Shinotoh H, Shimada H, Kokubo Y, Tagai K, Niwa F, Kitamura S, Endo H, Ono M, Kimura Y, Hirano S, Mimuro M, Ichise M, Sahara N, Zhang MR, Suhara T, Higuchi M. Tau imaging detects distinctive distribution of tau pathology in ALS/PDC on the Kii Peninsula. Neurology. Neurology® 2019;92:e136-e147. doi:10.1212/WNL.0000000000006736
  3. Kitamura S, Shimada H, Niwa F, Endo H, Shinotoh H, Takahata K, Kubota M, Takado Y, Hirano S, Kimura Y, Zhang MR, Kuwabara S, Suhara T, Higuchi M. Tau induced neurotoxicity and network disruption related apathy in Alzheimer’s disease. J Neurol Neurosurg Psychiat 2018 Nov;89(11):1208-1214. doi: 10.1136/jnnp-2018-317970.

総説

  1. 篠遠 仁. 認知症のコリン神経系イメージング. Clinical Neuroscience 2018; 12: 1464-1467.

雑記

  1. 篠遠 仁. トリアージ研修会に参加して. 千葉医師会だより. 2019年3月号19ページ.
  2. 篠遠 仁. 稲妻がみえる. シリーズ神経内科、千葉病院院内報2019年4月号

シンポジウム・特別講演

  1. 篠遠 仁. アルツハイマー病におけるアパシー. 前頭葉機能を考えた認知症治療. Rivastach Expert Seminar 2019, 千葉、2019年2月19日.
  2. 篠遠 仁. 認知症の画像診断 -アミロイド、タウイメージングを含めて-. 旭中央病院学術講演会、旭、2018年12月6日
  3. 篠遠 仁.  認知症、てんかんと自動車の運転. 千葉市医師会認知症研究会. 千葉, 2018年11月29日.
  4. 篠遠 仁. タウイメージングの新たな展開と将来展望. 第61回日本脳循環代謝学会, 盛岡, 2018年10月20日.
  5. 篠遠 仁. 認知症の早期発見と治療のコツ. これからの認知症診療を考える会(武田薬品工業主催). 千葉、2018年9月5日.
  6. 篠遠 仁. 認知症診療のコツ -間違われやすい疾患も含めて-. 銚子市医師会講演会. 2018年6月26日. 銚子市青少年文化会館.
  7. 篠遠 仁. 認知症診療のコツとピットフォール. イクセロンパッチWeb Live symposium. 2018年6月20日.
  8. Shinotoh H. Neural basis of neuropsychiatric symptoms in dementia. Shimada H, Tateno A. Pathological basis and therapeutic strategy for neuropsychiatric symptoms. 59th annual meeting of the Japanese Society of Neurology. Sapporo, May 25, 2018.

座長

  1. 篠遠 仁. 田中稔久, タウ研究の最近の進歩. AD研究会画像診断サブコミッティー2019, 東京、2019年2月2日.
  2. 篠遠 仁. 内山智之. 島田 斉;「だからあなたは誤診する – 高齢者タウオパチーを中心に」、平野成樹; 「ドパミントランスポーターイメージングにおける考える配球術」. 脳機能画像フォーラムin 幕張, 千葉、2019年1月24日.
  3. 篠遠 仁. 並木千尋. 認知症とアパシーの臨床.「認知症とアパシー」を考える会. 千葉, 2018年9月26日.

一般発表

  1. Shimada H, Tagai K, Kubota M, Takahata K, Takdo Y, Shinotoh H, Yamamoto Y, Sano Y, Tempest P, Jang M, Seibyl J, Barret D, Marek K, Kawamura K, ShangM, Hattori N, Kuwabara S, Suhara T, Higuchi M. In vivo uptake of 18F-PM-PBB3 in patients with diverse 4-repeat tauopathies. The 14th International Conference on Alzheimer’s disease & Parkinson’s disease, Lisbon
  2. Shimada H, Tagai K, Kubota M, Takahata K, TakadoY, Shinotoh H, Yamamoto N, SanoY, Seki C, Hirano S, Kimura Y, Ichise M, Ono M, Tempest , Jang MK, Seibyl J, Barret O, Alagille O, Marek K, Sahara N, Kawamura K, Zhan MR, Hattori N, Kubawaba S, Suhara T, Higuchi M. In vivo distribution patter of 18F-PM-PBB3 (18F-APN-1607) and its relatiohship with clinical features in diverse 4-repeat tauopathies. 13th Humn Amyloid Imaging, Florida, January 18, 2019.
  3. 島田 斉、互 健二、高畑圭輔、久保田 学、山本保天、佐野康則、高堂裕平、平野成樹、篠遠 仁、須原哲也、樋口真人. Alzheimer病における側頭葉内側タウ蓄積は後部帯状回を含む投射先脳領域の糖代謝低下と関連する. 第61回日本脳循環代謝学会学術会議, 盛岡、2018年10月19日.
  4. 互 健二、島田 斉、北村聡一郎、久保田 学、高畑圭輔、佐野康徳、山本保天、篠遠 仁、高堂裕平、仲野義和、小野麻衣子、木村泰之、市瀬正則、繁田雅弘、須原哲也、樋口真人. 18F-PM-PBB3 PETは多様なタウオパチー疾患を視覚評価で弁別可能である. 第37回日本認知症学会学術集会. 札幌、2018年10月12日.
  5. Shimada H, Ono M, Tagai K, Kubota M, Kitamura S, Takuwa H, Seki C, Kimura Y, Ichise M, Shinotoh H, Takahata K, Ymamoto N, Sano Y, Takado Y, Tempest P, Jang MK, Seibyl J, Barret O, Alagllie D, Marek K, Sahara N, Kawamura K, Zhang MR, Suhara T, Higuchi M. Preclinical and clinical characterization of 18F-PM-PBB3, a PET linag dor diverse tau pathologies. Alzheimer’s & Dementia 2018; 14 (7), Supplement, Page P177-178.
  6. Tagai K, Shimada H, Kitamura S, Takahata K, Kubota M, Takado Y, Shinotoh H, Nakano Y, Ishii T, Hirano S, Shigeta S, Suhara T, Higuchi M. Tau accumulation predicts progression of dementia in subjects with early Alzheimer’s disease in the Azlheimer’s disease spectrum: A [11C]PBB3 positron emission tomography study. Alzheimer’s & Dementia 2018; 14 (7), Supplement, Page P180.

外部活動

Editorial board of Neurology
(株)MCBI 外部評価委員

H29年度の業績

原著

  1. Kitamura S, Shimada H, Niwa F, Endo H, Shinotoh H, Takahata K, Kubota M, Takado Y, Hirano S, Kimura Y, Zhang MR, Kuwabara S, Suhara T, Higuchi M. Tau induced neurotoxicity and network disruption related apathy in Alzheimer’s disease. J Neurol Neurosurg Psychiat 2018 (in press).
  2. Hirano S, Shinotoh H, Shimada H, Ota T, Sato K, Tanaka N, Zhang MR, Higuchi M, Fukushi K, Irie T, Kuwabara S, Suhara T. Voxel-Based Acetylcholinesterase PET Study in Early and Late Onset Alzheimer’s Disease. J Alzheimers Dis. 2018;62:1539-1548. doi: 10.3233/JAD-170749.
  3. Perez-Soriano A, Arena JE, Dinelle K, Miao Q, McKenzie J, Neilson N, Puschmann A, Schaffer P, Shinotoh H, Smith-Forrester J, Shahinfard E, Vafai N, Wile D, Wszolek Z, Higuchi M, Sossi V, Stoessl AJ. PBB3 imaging in Parkinsonian disorders: Evidence for binding to tau and other proteins. Mov Disord. 2017;32:1016-1024. doi: 10.1002/mds.27029. Epub 2017 Jun 1.

一般発表

  1. 互 健二、島田 斉、北村聡一郎、高畑圭輔、久保田学、篠遠 仁、高堂裕平、仲野義和、石井辰弥、平野成樹、繁田雅弘、須原哲也、樋口 真. 発症前Alzheimer病スペクトラム患者におけるタウ病変の縦断的PET評価。第36回日本認知症学会、金沢、2017年11月24日.
  2. Shinotoh H, Shimada H, Kokubo Y, Kitamura S, Niwa F, Tagai K, Hirano S, Morimoto S, Yamashita T, Kuzuhara S, Sahara N, Zhang MR, Suhara T, Higuchi M. Tau imaging in patients with amyotrophic lateral sclerosis/parkinsonism dementia complex in the Kii Peninsula. XXⅢ World Congress of Neurology, Kyoto, Sep 20, 2017.
  3. Shimada H, Kitamura S, Takuwa S, Yokozeni S, Tagai K, Moriguchi S, Kubota M, Takahata K, Takadoa Y, Hirano S, Shinotoh H, Suzuki K, Zhang MR, Kuwabara S, Suhara T, Higuchi M. Cortical tau deposition is associated with behavioral and psychological symptoms of dementia causing caregiver burden: Path analysis and pet study. XXⅢ World Congress of Neurology, Kyoto, Sep 19, 2017.
  4. Hirano S, Ma Y, Peng S, Shimada H, Shinotoh H, Endo H, Nakano Y, Li H, Higuchi M, Kuwabara S, Eidelberg D, Suhara T. Abnormal metabolic brain networks in progressive supranuclear palsy and corticobasal syndrome: diagnostic performance using perfusion SPECT scans in patients with movement disorders. XXⅢ World Congress of Neurology, Kyoto, Sep 21, 2017.
  5. Shimada H, Soichiro K, Maiko O, Kimura Y, Ichise M, Takahata K, Moriguchi S, Kubota M, Ishii T, Takado Y, Seki C, Hiraono S, Shinotoh H, Sahara N, Tempest P, Tamagnan G, Seibyl J, Barret O, Alagill D, Zhang MR, Kuwabara S, Jang MK, Marek K, Suhara T, Higuchi M. Fist-in-human PET study with 18F-AM-PBB3 and 18F-PM-PBB3. Alzheimer’s Association International Conference 2017, London, July 18, 2017.
  6. Hirano S, Shimizu K, Murayama N, Ishikawa M, Furukawa S, Kojima K, Ishikawa A, Nakano Y, Sakurai T, Sasaki T, Iyo M, Kuwabara S, Shimada H, Shinotoh H. Introducing association between children and demented elderly (ABCDE) project. lzheimer’s Association International Conference 2017, London, July 18, 2017.
  7. 北村聡一郎、島田 斉、篠遠 仁、平野成樹、丹羽文俊、遠藤浩信、久保田 学、高畑圭輔、森口 翔、木村泰之、張 明栄、須原哲也、樋口真人. Alzheimer病のアパシー症状とタウ病変の関連性. 第32回日本老年精神医学会、名古屋、2017年6月15日.

シンポジウム・特別講演

  1. 篠遠 仁. 認知症の画像診断 up-to-date. 町田認知症の治療を考える会. -認知症状の画像診断・治療について考える-. 町田、東京、2017年9月26日.
  2. 篠遠 仁. よくわかる認知症診療 -レビー小体型認知症を中心に-. 平成29年度在宅ケア研修会. 地域で支える認知症 -患者と家族のために-. 千葉、2017年9月24日.

座長

  1. 篠遠 仁. 松田 博. 機能画像:Update. 第35回日本神経治療学会総会, 大宮、2017年11月18日.
  2. 篠遠 仁. 島村宗尚. モデルマウスから探るメタボと認知症. 第21回 Neurology SPECT定量検討会、東京、2017年10月21日.

外部活動

Editorial board of Neurology
(株)MCBI 外部評価委員

川口 直樹

資格等

日本神経学会認定神経内科指導医
日本神経学会認定神経内科専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本内科学会認定内科指導医

経歴

平成元年3月
千葉大学医学部卒業
平成2年10月
千葉県救急医療センター神経内科
平成3年10月
市立甲府病院神経内科
平成5年4月
成田赤十字病院神経内科
平成8年4月
JR東京総合病院神経内科
平成11年3月
博士号取得
平成19年4月
千葉大学大学院医学研究院 神経内科学 講師
平成25年4月
脳神経内科千葉 医師
医療法人同和会 神経研究所 所長(兼任)

重症筋無力症およびその他の免疫性神経疾患を得意としています。

■教育 千葉大学医学部非常勤講師
浜松医科大学医学部非常勤講師
■学会活動等 日本神経学会
日本神経治療学会(評議員)
日本内科学会
日本神経免疫学会(評議員)
「神経免疫疾患のエビデンスによる診断基準・重症度分類・ガイドラインの妥当性と患者QOLの検証」研究班(協力班員)
■研究会世話人 関東甲信越MGフォーラム 世話人

業績紹介はこちら

H31,R1年度の業績

学会発表(一般口演)

  1. 小澤由希子, 鵜沢顕之, 安田真人, 織田史子, 川口直樹, 氷室圭一, 金井哲也, 桑原聡. 全身型重症筋無力症で治療目標はいつ達成しうるか? 第60回日本神経学会学術大会 2019.5.22-25大阪
  2. 安田真人, 鵜沢顕之, 小澤由希子, 織田史子, 金井哲也, 氷室圭, 川口直樹, 桑原聡. 重症筋無力症患者における深部腱反射パターンの検討. 第60回日本神経学会学術大会 2019.5.22-25大阪
  3. 織田史子, 鵜沢顕之, 川口直樹, 小澤由希子, 安田真人, 金井哲也, 氷室圭一, 桑原聡. 胸腺腫合併重症筋無力症における胸腺腫の病期分類と臨床的特徴の検討 第60回日本神経学会学術大会 2019.5.22-25大阪
  4. 小澤由希子, 鵜沢顕之, 安田真人, 織田史子, 川口直樹, 氷室圭一, 桑原聡. 抗AChR抗体陽性重症筋無力症における補体価と臨床パラメーターの相関. 第31回日本神経免疫学会学術集会 2019.9.26-27 千葉
  5. 安田真人, 鵜沢顕之, 小澤由希子, 小島雄太, 織田史子, 川口直樹, 金井哲也, 氷室圭一, 桑原 聡. 抗AChR抗体陽性重症筋無力症における免疫グロブリン大量療法と血液浄化療法の有効性の比較. 第31回日本神経免疫学会学術集会 2019.9.26-27 千葉
  6. 小澤由希子, 鵜沢顕之, 安田真人, 織田史子, 金井哲也, 氷室圭一, 川口直樹, 桑原聡. 早期のカルシニューリン阻害薬併用による全身型重症筋無力症の治療効果. 第37回日本神経治療学会 2019.11.5-7 横浜
  7. 吉川弘明,荻野美恵子,和泉唯信,清水優子,中原 仁,園生雅弘,新野正明,野村恭一,村井弘明,吉良潤一,酒井康成,松尾秀徳,本村政勝,川口直樹,郡山達夫,野村芳子,錫村明生,清水 潤,田原将行,松井 真,中村好一,中村幸志,中根俊成,栗山長門.重症筋無力症の全国疫学調査 二次調査による臨床像解析 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班令和元年度合同班会議 2019.1.16-17 東京

講演

  1. 川口直樹. 病態から考えた重症筋無力症の新しい治療戦略. 第24回日本神経感染症学会総会・学術大会 ランチョンセミナー. 2019.10.11. 東京.
  2. 川口直樹. 重症筋無力症の病態と治療戦略. 第106回日本神経学会中国・四国地方会 ランチョンセミナー. 2019.6.29. 米子.
  3. 川口直樹. これからのMG治療戦略~日常生活のQOL維持を目指して. MGソリリス適応追加WEB講演会 2019.6.16. 東京.
  4. 川口直樹.  浜松医科大学医学部保健学科 生理学 「神経内科とは」.2019.12.2. 浜松.

座長

  1. 川口直樹. ワークショップ2:MG 第31回日本神経免疫学会学術集会 2019.5.26-27.千葉

論文

  1. Kanai T, Uzawa A, Kawaguchi N, Oda F, Ozawa Y, Himuro K, Kuwabara S. Predictive score for oral corticosteroid-induced initial worsening of seropositive generalized myasthenia gravis. J Neurol Sci. 2019 Jan 15;396:8-11.
  2. Ozawa Y, Uzawa A, Kanai T, Oda F, Yasuda M, Kawaguchi N, Himuro K, Kuwabara S. Efficacy of high-dose intravenous methylprednisolone therapy for ocular myasthenia gravis. J Neurol Sci. 2019 Jul 15;402:12-15.
  3. Nishida Y, Takahashi YK, Kanai T, Nose Y, Ishibashi S, Sanjo N, Uzawa A, Oda F, Ozawa Y, Kuwabara S, Noguchi E, Suzuki S, Nakahara J, Suzuki N, Ogawa T, Yokoyama K, Hattori N, Konno S, Fujioka T, Kawaguchi N, Hatanaka Y, Sonoo M, Kaneko J, Ogino M, Nishiyama K, Nomura K, Yokota T. Safety of tapering tacrolimus dose in patients with well-controlled anti-acetylcholine receptor antibody-positive myasthenia gravis. Eur J Neurol. 2020 Jan;27(1):100-104.
  4. Uzawa A, Kanai T, Oda F, Ozawa Y, Yasuda M, Kawaguchi N, Himuro K, Yoshino I, Kuwabara S. Frequency and features of myasthenia gravis developing after thymectomy. Eur J Neurol. Eur J Neurol. 2020 Jan;27(1):175-180.
  5. Andersen H, Mantegazza R, Wang JJ, O’Brien F, Patra K, Howard JF Jr; REGAIN Study Group.(Uzawa A, Kanai T, Kawaguchi N, Mori M) Eculizumab improves fatigue in refractory generalized myasthenia gravis. 2019 Aug;28(8):2247-2254.
  6. Andersen H, Mantegazza R, Wang JJ, O’Brien F, Patra K, Howard JF Jr; REGAIN Study Group.(Uzawa A, Kanai T, Kawaguchi N, Mori M) Correction to: Eculizumab improves fatigue in refractory generalized myasthenia gravis. Qual Life Res. 2019 Aug;28(8):2255.
  7. Uzawa A, Ozawa Y, Yasuda M, Oda F, Kojima Y, Kawaguchi N, Kanai T, Himuro K, Kuwabara S. Increased serum acetylcholine receptor alpha1 subunit protein in anti-acetylcholine receptor antibody-positive myasthenia gravis. . J Neuroimmunol. 2020.

総説

  1. 川口直樹.【新着文献紹介】①診療データベースからみた難治性重症筋無力症の疾病負荷.MG Frontier 2019;1:44-45.

その他

  1. MG Frontier編集アドバイザー 川口直樹.
  2. 第31回日本神経免疫学会学術集会 プログラム委員 川口直樹.

社会的活動

  1. 厚生労働省研究班「エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立」協力班員
  2. MG/LEMS診療ガイドライン作成委員
  3. 千葉大学医学部非常勤講師
  4. 浜松医科大学非常勤講師
  5. 東京医療保健大学非常勤講師
  6. 学校法人常陽学園東京医療学院非常勤講師
  7. 千葉県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員
  8. 特定非営利活動法人筋無力症患者会顧問

H30年度の業績

学会発表(一般口演)

  1. 吉川弘明、荻野美恵子、梶 龍兒、清水優子、鈴木則宏、園生雅弘、新野正明、野村恭一、村井弘之、吉良潤一、酒井康成、松尾秀徳、本村政勝、川口直樹、郡山達男、野村芳子、錫村明生、清水 潤、田原正之、松井 真、中村好一、中村幸志、中根俊成、栗山長門、鈴木重明、岩佐和夫. MGならびにLEMSの全国疫学調査に向けた取り組み 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議 2018.1.18-19 東京
  2. 成田智子、永石彰子、清水 潤、村井弘之、吉良潤一、川口直樹、清水優子、岩佐和夫、吉川弘明、畑中弘己、園生雅弘、南 尚哉、松尾秀徳. 眼筋型重症筋無力症に対する治療方法の検討 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議 2018.1.18-19 東京
  3. 横田隆徳、西田陽一郎、高橋祐子、能勢裕里江、石橋 哲、三條信夫、金子淳太郎、荻野美恵子、西山和則、野口恵里、鈴木重明、鈴木則宏、野村恭一、小川 崇、横山和正、服部信孝、川口直樹、織田史子, 小澤由希子、金井哲也、鵜沢顕之、桑原 聡、畑中裕己、園生雅弘、紺野晋吾、藤岡俊樹. 重症筋無力症におけるカルシニューリン阻害薬減量についての解析 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議 2018.1.18-19 東京
  4. 鵜沢 顕之, 本間 雅志, 田中 仁, 川口 直樹, 金井 哲也, 氷室 圭一, 織田 史子, 小澤 由希子, 安田 真人, 桑原 聡.Fc融合蛋白を用いた重症筋無力症の革新的治療.第59回日本神経学会学術大会.2018.5.23-26 札幌
  5. 小澤由希子, 鵜沢顕之, 織田史子, 金井哲也, 川口直樹, 氷室圭一, 桑原聡.全身型重症筋無力症における免疫治療抵抗例の予測因子.第59回日本神経学会学術大会.2018.5.23-26 札幌
  6. 小澤由希子, 鵜沢顕之, 安田真人, 織田史子, 金井哲也, 川口直樹, 氷室圭一, 桑原聡.眼筋型重症筋無力症におけるステロイド単独パルスの効果.第30回日本神経免疫学会学術集会.2018.9.20-21 福島
  7. 織田史子, 鵜沢顕之, 川口直樹, 金井哲也, 小澤由希子, 安田真人, 氷室圭一, 桑原聡.胸腺嚢胞合併重症筋無力症の臨床的特徴についての検討.第30回日本神経免疫学会学術集会.2018.9.20-21 福島
  8. 鵜沢 顕之, 金井 哲也, 織田史子, 小澤由希子, 安田真人, Maimaitiming Bibinu, 川口 直樹, 氷室 圭一, 桑原 聡.胸腺腫摘出後発症重症筋無力症の臨床的特徴.第30回日本神経免疫学会学術集会.2018.9.20-21 福島
  9. 安田真人, 鵜沢顕之, 小澤由希子, 織田史子, 川口直樹, 金井 哲也, 氷室圭一, 桑原聡.治療抵抗性抗MuSK抗体陽性重症筋無力症に対するrituximab治療.第30回日本神経免疫学会学術集会.2018.9.20-21 福島
  10. 小澤由希子, 鵜沢顕之, 安田真人, 織田史子, 川口直樹, 氷室圭一, 金井哲也, 桑原聡.全身型重症筋無力症で治療目標はいつ達成しうるか?第60回日本神経学会学術大会.2019.5.22-25 大阪
  11. Yukiko Ozawa Y, Akiyuki Uzawa, Tetsuya Kanai, Fumiko Oda, Naoki Kawaguchi, Keiichi Himuro, Satoshi Kuwabara. The effect of thymectomy in ocular myasthenia gravis. ISNI Congress 2018 – International Congress of Neuroimmunology. 2018.8.28 BRISBANE, AUSTRALIA.
  12. Naoki Kawaguchi, Kaname Nakatani, Akiyuki Uzawa, Yuko Nemoto, Keiichi Himuro, Satoshi Kuwabara. Polymorphisms of CYP3A5 affect serum levels and maintenance doses of Tacrolimus in Myasthenia Gravis patients. ISNI Congress 2018 – International Congress of Neuroimmunology. 2018.8.28 BRISBANE, AUSTRALIA.

講演

  1. 川口直樹. 重症筋無力症におけるソリリス治療の適応について. MGソリリス適応追加WEB講演会~日々の生活に苦しむ重症筋無力症患者さんを救う~. 2018.5.9. 宇都宮.
  2. 川口直樹. 重症筋無力症におけるソリリス治療の適応について. MGソリリス適応追加WEB講演会~日々の生活に苦しむ重症筋無力症患者さんを救う~. 2018.5.30. 東京.
  3. 川口直樹. ソリリス投与の実際~有効性&安全性. 第34回神経内科セミナー. 2018.7.27. 福岡.
  4. 川口直樹. 重症筋無力症関連の話題. 南九州MGセミナー2018. 2018.10. 熊本.
  5. 川口直樹. ソリリス導入症例の実際. MG Workshop in 茨城. 2018.10. 茨城.
  6. 川口直樹. 重症筋無力症関連の話題. 埼玉MGエキスパートミーティング. 2018.12. 埼玉.
  7. 川口直樹. 日本運動器看護学会 学会認定運動器看護師育成講座 中枢神経・末梢神経障害と治療.2018 .10. 東京.
  8. 川口直樹.  浜松医科大学医学部保健学科 生理学 「神経内科とは」.2018.12. 浜松.
  9. 川口直樹. 神経内科領域に関する最新の医学的知見.協和発酵キリン・岩渕薬品研修.2019.4. 千葉.
  10. 川口直樹. 重症筋無力症の実際.アレクシオンファーマ研修.2018.7. 東京

座長

  1. 川口直樹. ポスター:神経筋接合部疾患(重症筋無力症2) 第58回日本神経学会学術大会 2018.5.23-26 札幌.

論文

  1. Imai T, Utsugisawa K, Murai H, Tsuda E, Nagane Y, Suzuki Y, Minami N, Uzawa A, Kawaguchi N, Masuda M, Konno S, Suzuki H, Akaishi T, Aoki M. Oral corticosteroid dosing regimen and long-term prognosis in generalised myasthenia gravis: a multicentre cross-sectional study in Japan. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2018;89(5):513-517.
  2. Naoki Kawaguchi, Kaname Nakatani,Akiyuki Uzawa, Yuko Nemoto, Keiichi Himuro and Satoshi Kuwabara. Polymorphisms of CYP3A5 Affect Serum Levels and Maintenance Doses of Tacrolimus in Myasthenia Gravis Patients. Journal of Pharmacovigilance 2018, 6:258.
  3. Kanai T, Uzawa A, Kawaguchi N, Oda F, Ozawa Y, Himuro K, Kuwabara S. Predictive score for oral corticosteroid-induced initial worsening of seropositive generalized myasthenia gravis. J Neurol Sci. 2019; 396(15):8-11.

著書

  1. 川口直樹.メディカルスタッフ専門基礎科目シリーズ 脳神経内科学:神経筋接合部疾患.P394-404. 監修:高橋伸佳、理工図書.2019/1発行

リーフレット

  1. 重症筋無力症の患者さんとまわりの方々へ.監修:川口直樹、アレクシオン.

社会的活動

  1. 厚生労働省研究班「エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立」協力班員
  2. MG/LEMS診療ガイドライン作成委員
  3. 千葉大学医学部非常勤講師
  4. 浜松医科大学非常勤講師
  5. 東京医療保健大学非常勤講師
  6. 学校法人常陽学園東京医療学院非常勤講師
  7. 千葉県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員
  8. 特定非営利活動法人筋無力症患者会顧問
  9. 雑誌「MG Frontier」編集アドバイザー

H29年度の業績

学会発表(一般口演)

  1. 織田史子、鵜沢顕之、金井哲也、小澤由希子、川口直樹,、氷室圭一、桑原聡. 胸腺病理が萎縮胸腺であった後期発症重症筋無力症に対する胸腺摘除術の有用性の検討 第29回日本神経免疫学会学術集会 2017.10.6-71 札幌
  2. 金井哲也、鵜沢顕之、鈴木重明、川口直樹、織田史子、小澤由希子、氷室圭一、中原仁、鈴木則宏、桑原聡. 重症筋無力症術後クリーゼ予測スコアの確立 2017.10.6-71 札幌
  3. 小澤由希子、鵜沢顕之、織田史子、金井哲也、川口直樹、氷室圭一、桑原聡. 抗AChR抗体陽性重症筋無力症の臨床症状と血清補体価の関係 第28回日本神経免疫学会学術集会 2017.10.6-71 札幌
  4. 鵜沢顕之、本間雅志、田中仁、川口直樹、金井哲也、氷室圭一、桑原聡. 重症筋無力症の革新的治療法:融合蛋白AChR-Fc. 第35回日本神経治療学会総会 2017.11.16-18 大宮
  5. 吉川弘明、荻野美恵子、梶 龍兒、清水優子、鈴木則宏、園生雅弘、新野正明、野村恭一、村井弘之、吉良潤一、酒井康成、松尾秀徳、本村政勝、川口直樹、郡山達男、野村芳子、錫村明生、清水 潤、田原正之、松井 真、中村好一、中村幸志、中根俊成、栗山長門、鈴木重明、岩佐和夫. MGならびにLEMSの全国疫学調査に向けた取り組み 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成29年度合同班会議 2018.1.18-19 東京
  6. 成田智子、永石彰子、清水 潤、村井弘之、吉良潤一、川口直樹、清水優子、岩佐和夫、吉川弘明、畑中弘己、園生雅弘、南 尚哉、松尾秀徳. 眼筋型重症筋無力症に対する治療方法の検討 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議 2018.1.18-19 東京
  7. 横田隆徳、西田陽一郎、高橋祐子、能勢裕里江、石橋 哲、三條信夫、金子淳太郎、荻野美恵子、西山和則、野口恵里、鈴木重明、鈴木則宏、野村恭一、小川 崇、横山和正、服部信孝、川口直樹、織田史子, 小澤由希子、金井哲也、鵜沢顕之、桑原 聡、畑中裕己、園生雅弘、紺野晋吾、藤岡俊樹. 重症筋無力症におけるカルシニューリン阻害薬減量についての解析 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議 2018.1.18-19 東京
  8. Tetsuya Kanai, Akiyuki Uzawa, Naoki Kawaguchi, Keiichi Himuro, Fumiko Oda, Yukiko Ozawa, Satoshi Kuwabara. Risk Factors for initial worsening in myasthenia gravis. International Taiwanese Congress of Neurology 2017.5.19-21 Taipei, Taiwan
  9. Yukiko Ozawa, Akiyuki Uzawa. Tetsuya Kanai, Fumiko Oda, Naoki Kawaguchi, Keiichi Himuro, Satoshi Kuwabara. Relationship between clinical features and serum complements lebels in anti-AChR antibody-positive myasthenia gravis. The XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017) 2017.9.16-21 Kyoto, Japan.
  10. Tetsuya Kanai, Akiyuki Uzawa, Naoki Kawaguchi, Keiichi Himuro, Fumiko Oda, Yukiko Ozawa, Satoshi Kuwabara. Valproic acid treatment ameliorates experimental autoimmune myasthenia gravis. The XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017) 2017.9.16-21 Kyoto, Japan.

特別講演

  1. 川口直樹. 重症筋無力症(MG)関連の話題. 第6回沖縄免疫神経疾患学術講演会. 2018.2.9. 那覇
  2. 川口直樹. 重症筋無力症におけるソリリス治療の適応について. MGソリリス適応追加WEB講演会~日々の生活に苦しむ重症筋無力症患者さんを救う~. 2018.5.9. 宇都宮
  3. 川口直樹. 重症筋無力症におけるソリリス治療の適応について. MGソリリス適応追加WEB講演会~日々の生活に苦しむ重症筋無力症患者さんを救う~. 2018.5.30. 東京.
  4. 川口直樹. 日本運動器看護学会 学会認定運動器看護師育成講座 中枢神経・末梢神経障害と治療.2017.10. 東京
  5. 川口直樹. 浜松医科大学医学部保健学科 生理学 「神経内科とは」.2017.12. 浜松

座長

  1. 川口直樹. ポスター:神経筋接合部疾患(重症筋無力症2) 第58回日本神経学会学術大会 2018.5.23-26 札幌

論文

  1. Homma M, Uzawa A, Tanaka H, Kawaguchi N, Kanai T, Nakajima K, Narita M, Hara Y, Maruyama H, Ogawa Y, Himuro K ,Kuwabara S. Neurotherapeutics 2017;14(1):191-198.
  2. Kanai T, Uzawa A, Kawaguchi N, Himuro K, Oda F, Ozawa Y ,Kuwabara S. Adequate tacrolimus concentration for myasthenia gravis treatment. Eur J Neurol 2017;24(2):270-275.
  3. Kanai T, Uzawa A, Sato Y, Suzuki S, Kawaguchi N, Himuro K, Oda F, Ozawa Y, Nakahara J, Suzuki N, Takahashi Y K, Ishibashi S, Yokota T, Ogawa T, Yokoyama K, Hattori N, Izaki S, Oji S, Nomura K, Kaneko J, Nishiyama K, Yoshino I ,Kuwabara S. A clinical predictive score for postoperative myasthenic crisis. Ann Neurol 2017;82(5):841-849.
  4. Nagane Y, Murai H, Imai T, Yamamoto D, Tsuda E, Minami N, Suzuki Y, Kanai T, Uzawa A, Kawaguchi N, Masuda M, Konno S, Suzuki H, Aoki M ,Utsugisawa K Social disadvantages associated with myasthenia gravis and its treatment: a multicentre cross-sectional study. BMJ Open. 2017;7(2):e013278.
  5. Utsugisawa K, Nagane Y, Akaishi T, Suzuki Y, Imai T, Tsuda E, Minami N, Uzawa A, Kawaguchi N, Masuda M, Konno S, Suzuki H, Murai H ,Aoki M. Early fast-acting treatment strategy against generalized myasthenia gravis. Muscle Nerve. 2017;55(6):794-801.
  6. Imai T, Utsugisawa K, Murai H, Tsuda E, Nagane Y, Suzuki Y, Minami N, Uzawa A, Kawaguchi N, Masuda M, Konno S, Suzuki H, Akaishi T, Aoki M. Oral corticosteroid dosing regimen and long-term prognosis in generalised myasthenia gravis: a multicentre cross-sectional study in Japan. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2018;89(5):513-517.
  7. Naoki Kawaguchi, Kaname Nakatani, Akiyuki Uzawa, Yuko Nemoto, Keiichi Himuro and Satoshi Kuwabara.Journal of Pharmacovigilance 2018, 6:258.

社会的活動

  1. 厚生労働省研究班「エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立」協力班員
  2. 重症筋無力症診療ガイドライン作成委員
  3. 千葉大学医学部非常勤講師
  4. 浜松医科大学非常勤講師
  5. 学校法人常陽学園東京医療学院非常勤講師
  6. 千葉県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員
  7. 特定非営利活動法人筋無力症患者会顧問